トップ 美容院ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




美容院ナビ美容師の基礎知識 > 美容師になるには

美容師になるには

美容師になるにはの画像

美容師になるにはまず国家試験を受ける前に、美容の専門学校で勉強しなければなりません。
美容専門学校で2年間きちんと学んで卒業することで、初めて国家試験の受験資格を与えられることになります。
美容専門学校では2000時間の勉強時間が必要となり、2年間でその2000時間を勉強することが出来るというわけです。

美容師の国家試験では、筆記試験と実技試験があります。
この筆記試験と実技試験の両方に合格することで、美容師免許を取得することが可能となります。
美容師免許を取得すれば美容師として働くことが可能ですが、まずはアシスタントとして仕事をしなければなりません。
シャンプーや掃除・雑用などをこなしていくことが、美容師としての最初の仕事となるようです。
1日中の立ち仕事ですから、体力や気力とも充実していなければこなすことは難しいのではないでしょうか。

各美容院によって異なりますが、お客様の髪の毛をカット出来るようになるまではしばらく時間がかかるようです。
それまでには閉店後にカット練習などを行い、地道にカットの腕を磨くようにすることが大切です。

美容院によっては新人のカットということで、格安の値段でカットを提供している美容院もあるようです。
様々な形で経験を積んだ上で、初めて美容師として認められるというわけです。
美容師になる為には免許を取得すればよいのですが、実際にカットをするまでには様々な経験を積む必要があるようです。

スポンサードリンク

美容院ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 美容師国家試験

美容師として仕事をする為には国家試験を受け、国家資格である美容師免許を取得しなければんりません。 国家試験を受ける前には、厚生労働大臣が定めた美容師養成施設で2年間学ばなければならないという決まりがあります。 2年間(2000時間)学んだ後に、初めて国家試験を受験することが出来るというわけです。 美容師の養成施設というのは、専門学校や各種学校を指します。 美容師になる為の国家試験には筆記試験と実技試験とがあり、その両方に合格しなければなりません。 筆記試験は50問で100分

美容院ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。